【大江高山の四季】

■夏真っ盛り!7/19

17日に梅雨明けして以来、
連日暑い日が続きます。
大江高山もすっかり夏景色となりました。
田んぼの稲もずいぶん伸びています。


■小笠原流大代田植囃子7/17

小笠原流田植え囃子は、500年前から伝わる大田市指定無形民俗文化財です。
この日は、梅雨も明け、
すっきりと晴れ上がった空の下、
大代田植え囃子愛護少年団の皆さんが、
岩清水八幡宮を出発し
大代公民館まで練り歩きました。

■GW真っ只中5/4

5月にはいって好天が続いています。気温も上がって暑いくらい。
GW真っ只中で、各地の行楽地は賑わっているようですが、
ここ大江高山の麓では静かな時間が流れています。

水田には水が張られ、田植えが始まっています。

桜と大江高山4/08

今年は桜が長く楽しめます。

彼岸の頃咲き始めたものが、最近ようやく満開となりました。
すでに散り始めてきていますが、
もうしばらくは楽しめそうです

春間近?3/17

暖かかった前日から一転。
この日は北風が強く、また寒くなりました。

でも、そこかしこに緑が目に付くようになってきて
遠からず、春が訪れそうな気配です

 

大江高山 2010/01/131/13

この冬初の本格的な雪

一面の雪景色となりました。
(手前は大代小学校)
 

祭りの日の大江高山7/28

7月17日地元、大代で祭りがありました。

この日は、天正11年(1583)頃から始まった田植え囃子が石清水八幡宮へ奉納されその後町をねり歩き公民館前に集まり高山を仰ぎ神事が行われました。

郷土芸能 田植え囃子
大田市観光のページ

大江高山祭り
 

石見銀山からの大江高山5/12

5月連休が一段落した5月11日世界遺産石見銀山の要害山(山吹城址)に登りました。ここは大江高山の北側になります。

この写真は要害山から南を向いてとりまいた。左に見えるのが大江高山、右側がこれも世界遺産の矢滝城山です。

写真では矢滝城山が高く見えますが、大江高山が遠いので覆えたか山の方が高い山です。写真に入ってませんが左側には銀がとれた仙ノ山があります。
大江高山808m、矢滝城山634m  大田市の山 

大江高山3/16

大家の町から見た高山です。黄砂のせいかかすんで見えます。

石見銀山も暖かくなり観光のお客さんが増えてきました。


雪の大江高山2/22

石見銀山の南側の大江高山です。21日に沢山雪が降り一面真っ白になりました。

山の麓に見えるのは元気な子どもたちが通う大代小学校です。

写真は北側から撮っているので、ちょうと高山の向こう側に昔銀が採れた仙の山があります。

About the owner

笹田都三 (軍鶏おやじ)

『エコファームささだ』で飼育している、軍鶏は200日以上、銀山赤どりは通常の倍以上の飼育日数かけ、自社製造の醗酵飼料を食べ (ヒナの時だけ配合飼料を与えています配合飼料の中には抗生物質が入っている)野を駆け巡り、引き締まった肉に仕上がっています まるでジビエ、 みなさまの食卓に安全で美味しいお肉をお届けする為、スタッフとともに、日夜奮闘しております! 鳥インフルエンザの発症の元とされる野鳥の侵入を防ぐため保健所の指導のもとに完璧に対応しています、食の安心、安全に努力しております。

Top